blog

グローバル人財採用とは?

どうして今、外国人の方を含めたグローバル採用なのか?
今日、少子高齢化が日本の大きな課題となっています。世界に目を向けると、先進諸国では日本同様に少子化や高齢化が進んでいますが、その中でも日本は群を抜いて少子高齢化が加速しています。これに伴い、働き手が減少し、優秀な人材の確保はさらに苛烈になるでしょう。
そんな中、世界全体で見ると、今後も増えていく人口に着目してみてはいかかでしょうか?

1. 高度外国人採用のメリット
2. 高度外国人材とは?該当するVISAや申請手続きは?
3. 弊社サービス
4. まとめ

1. 高度外国人採用のメリット



雇用側
・労働力の確保
前述のとおり、少子高齢化に伴って生産年齢人口が減少している日本人を採用するのは年々難しくなってきています。しかし、世界で見ると人口は増加傾向にあり、働き手はあふれているのです。
・優秀な人材の確保
優秀なITエンジニアを含む、国籍問わず優秀な人材を採用し、自社の事業戦略の遂行や、日本人とは異なる新鮮な発想や視点を活かした商品開発やマーケティングなど新しい視点が社内に持ち込まれます。
また、バイタリティーがあふれている人も多く、他の社員にも良い影響が生まれ、社内の意識向上や組織力の強化に繋がります。 外国語が堪能、現地市場をよく知る外国人材を採用することで、事業の海外展開や新規顧客獲得、販路の開拓や、現地オフィスとの連携促進といった海外とのやりとりにおいて大きな戦力になります。

労働者側
・好待遇な給料や保証制度
日本は他国と比較して、健康保険や雇用保険等の制度が整備されており、外国人労働者にとってはメリットの1つとなりえます。
海外では突然解雇される可能性もありますが、それに比べて日本は不当に解雇されることは少なく、比較的安定した雇用制度があります。

上記より、外国人採用は企業・候補者双方にメリットがあります。

そこで次は、高度外国人材と言われる外国人の中で、最も多くの人が持っている就労ビザが「技術・人文知識・国際業務」なので、この「技術・人文知識・国際業務」について詳しくご紹介します。

2. 高度外国人材とは?



日本または海外で大学以上、もしくは大学の学位をもっていること、もしくは、それと同等の実績をもっている必要があります。
具体的な学位の分野となると、理学・工学などの自然科学の分野、または法律・経済・社会学などの人文科学の分野に関する技術や知識をを必要とする業務、または外国の文化に基盤を置く思考や感受性を必要とする業務に従事することが認められています。

技術・人文知識・国際業務の具体的な職種として、文系では、営業、コーポレート部門、マーケティング、企画、通訳翻訳、語学教師、デザイナーなどが挙げられ、一方理系では、システムエンジニア、プログラマー、設計、生産技術などが挙げられます。

主な注意点としては、「現場作業中心ではないこと」と「学習内容と従事する業務に関連性がある必要あること」があげられます。

求人を募集してから、就労VISAの申請が終わるまで、すでに国内にいるか、海外にいるかによって必要な時間が変わります。
海外在住の外国人材の場合は、求人を開始してから来日するまで3か月~半年程度かかります。日本国内にすでにいらっしゃる場合(例.留学から就労VISAへの変更)は、2週間~1か月程度と来日される方と比較して短くなっています。
就労VISAの申請が初めてで何から始めたらいいかわからないというお悩みもあるかと思いますが、弊社では申請サポートも行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

3. 弊社サービス



最後にVISAサポート含め、弊社が行っているサービスを少しご紹介します。

Connect Job
世界136カ国にいる世界中を対象とした外国人材の採用支援。説明会/選考会の実施、人材紹介、採用戦略の立案まで企業様の求める人材や予算・人数等に応じてカスタマイズしてご提案しております。採用戦略の立案から始まり、実務的な母集団形成~選考会実施、入社前フォローまでワンストップでご支援可能なため、初めて外国人採用を行おうと考えている企業様にもおススメです。

【特徴】
対象:新卒、第2新卒、中途、インターンシップ
職種:強みITエンジニアを中心とした、営業職などの総合職
国:世界136カ国(アジア中心)

グローバル思考の強いバイリンガルな日本人「日本人正規留学生」は、上記に合わせてキャンパスリクルーティングや、サマーピッチイベントを通して、早期から優秀な人材と接触できるイベントや、各国の卒業時期に合わせた説明会/選考会を実施しています。プロモーション/母集団形成から事前スクリーニング/面接アレンジ代行を実施、内定承諾後のフォローまでを一貫してサポートできるので、採用工数を削減しながら優秀な人材を採用することが可能です。
*日本人正規留学生とは、1年間の交換留学などでの学生は含まず、4年間現地の大学で勉強し、卒業する学生のこと。

【特徴】
対象:新卒
職種:営業職・マーケティング職等の総合職、ITエンジニア職
国:アメリカ、ヨーロッパ、中国、オーストラリアなど

4. まとめ



外国人採用では、雇用側・労働者側の双方にメリットがあることがおわかりいただけたでしょうか?
手続きの複雑さや取組み方がわからないといった課題が挙げられると思いますが、今回の「高度人材や就労VISA」のご紹介で少しでもまずはやってみようかな、と思っていただけていたら幸いです。

ご紹介したサービスは一部のため、採用戦略の立案から母集団形成、日本語学習を含めた内定者フォローまで幅広いニーズに対応した最適なサービスを、企業様の課題等お伺いさせていただいた上で、ご提案いたします。