blog

『インド工科大学』通常選考より先にインターンシップを経由した採用ができる⁉

インド工科大学は、世界最高峰の理系大学の一つと称され、日本企業や欧米企業を中心に、毎年海外から採用に来る企業も多く、世界的な人材争奪戦が最も顕著に行われている大学です。


今回は、そんなインド工科大学で行われているフルタイムでの採用ではなく、インターンシップからの採用について、その「実施メリット」「事前に必要な準備」「選考当日の注意点」「インターンシップ採用活用事例」をご紹介します!

目次
  1. インターンシップ採用とは?
  2. メリット
  3. 事前準備~選考会までの流れ
  4. より優秀な人材を採用するためのポイント
  5. 実施事例
  6. まとめ

1.インターンシップ採用とは?


インド工科大学の概要や通常選考については、「『インド工科大学』世界屈指の優秀なITエンジニア輩出大学の選考は特殊!?~」よりご確認いただけるため、「実際どのようなインターンシップなのか、「インターンシップからの採用」についてお伝えさせて頂きます。

まず、日本で実施されるような1dayインターンシップなどと異なり、有給での長期インターンシップになります。
実施期間は6週間~8週間を目安とする企業が多く、報酬は日給で8,000円~2万円程度、月給換算をすると約20万円~30万円となっています。

インターンシップの実施形態は、来日型でもオンラインでも企業様の希望に応じて実施することができますが、来日型のインターンシップを実施する場合は、インターンシップ中にかかる費用(フライトや宿泊費用など)は企業様で負担されるのが一般的です。
カルチャーフィット、志望度醸成という点では、来日出来るなら実際に来て頂いての実施をConnect Jobでは推奨しております。

インターンシップの対象は、面接を実施するタイミング(夏から秋にかけて)では学部3年生もしくは2年生、或いは大学院1年生となります。そして、実際のインターンシップに参加するタイミングは、3年生もしくは4年生に進級する前の夏休み期間が一般的です。

2.メリット


つづいて、インド工科大学においてインターンシップ採用を行うメリットを2つお伝えします。

1つ目は、優秀なエンジニアに早期接触ができることです。
日本国内での理系、特にエンジニアの採用活動は近年特に難しくなっています。
そんな国内のレッドオーシャン市場ではなく、海外有名企業にいくような学生に早期から接触することができ、インターンシップを経て、入社のオファーを出すこともできます。
PPO(=Pre Placement Offer)という仕組みなのですが、その時点で学生がオファーを承諾した場合、12月~はじまるフルタイム採用の選考会に参加することなく、優秀なエンジニアの採用が可能となっております。

2つ目は、入社時のギャップを最大限減らすことができることです。
インド工科大学の学生は日本語は話せない人がほとんどです。英語でのコミュニケーションになりますが、入社する前に来日することにより、日本の文化や実際に日本で働く・生活するとはどういうことかを理解できます。また、日本での生活を経て日本ファンになる学生も沢山おります。

また、もし入社したら共に働く従業員や業務内容、そして会社のカルチャーに触れることができるため、入社後のミスマッチを減らせる可能性は圧倒的に高まります。
なんといっても、優秀な人材に早期接触、採用からの定着までのプロセスを踏めるということが本インド工科大学のインターンシップ採用のメリットでございます。

3.事前準備~選考会までの流れ


では、次にインド工科大学のインターンシップ採用に参加するためにどのような準備が必要かどうかをお伝えします。

事前準備で必要なことは、「求人票の準備」「会社説明会の実施」です。

1つ目の「求人票の準備」で必要なことは、英語で下記2つポイントを記載することです。

  • 職務内容や、候補者の方にこのインターンシップを通して期待すること、本人が得られる経験やスキルをできるだけ詳細に記載
  • 開発環境や業務に必要なプログラミング言語、実際にインターンシップを実施する際に関わるであろうプロダクトの特徴を記載
詳細情報の記載が求められるため、ペルソナの決定を事前に行うことを推奨しております。弊社では、ペルソナの決定や求人内容の作成も経験豊富なコンサルタントがサポートしております。

求人票を完成させ、インド工科大学に提出すると、次のステップは会社説明会(PPT=Pre Placement Talk)の実施です。
PPTの実施は、インターンシップ選考の場合は必須ではありませんが、選考への応募者を増やすことはもちろんのこと、企業や業務内容を優秀なインド工科大学の学生の前で説明できるチャンスでございます。

フルタイム採用と異なる点としては、面接会実施日は企業側の希望も汲んで調整出来ることです。そのため、応募者リストを確認した後、面接会実施日を決定し、インド工科大学と調整し確定させます。

その後、事前選考(書類選考、研究論文選考、プログラミングテスト等々)を行い、実際に面接会を行い、オファーを出すか出さないかの決定を面接会実施後翌日までには決定し、大学側に伝えます。

4.より優秀な人材を確保するためのポイント


①インターンシップの内容を詳細に記載する
インド工科大学の学生は、どのような開発環境においてどのような経験を積むことができるのかという「経験」と、学生期間でのインターンシップになるので来日費用や来日中サポートなどの「給与と手当」を気にされる傾向にあります。
上記2つの項目をできる限り求人票に記載、サポートすることを推奨しています。


②求人票の公開から、選考会実施までをスピード感をもって実施(1ヵ月以内)
こちらの記事でも記載した通り、インド工科大学ではオファーを承諾すると、次の選考を受けることができなくなります。
そのため、実施期間が遅くなると、応募をしていても実際に面接をする際には誰も残っていないという状態が発生してしまいます。

そのため、「求人票にできる限り詳細な情報を記載すること」「スピード感をもって選考会を行う」ことがより優秀な人材を確保するために繋がります。

5.実施事例


最後にコロナの中ではありますが、2021年に当社でご支援した企業様の事例を一部ご紹介させて頂きます。

◆医療メーカー A社
採用目標人数:2名
応募総数:約400名
面接人数:12名
内定者数:2名⇒2名承諾

◆IT企業 B社
採用目標人数:1名
応募総数:約200名
面接人数:4名
内定者数:1名⇒1名承諾

6. まとめ


今回は、インド工科大学のインターンシップ選考のメリット、実際の準備、実施にあたってのポイントや事例をお伝えいたしました。

AI、データサイエンス、セキュリティ領域をはじめ、同世代の中でも世界トップクラスのインド工科大学の学生に早期接触できるインターンシップ選考についてご理解いただけたでしょうか。

優秀なエンジニア人材への早期接触だけではなく、お互いが業務内容や組織文化、パーソナリティを理解した上で採用可能なインド工科大学のインターンシップ。
もしご関心、気になる点などございましたら、是非下記よりお問い合わせ頂けると幸いです!