blog

コロナ禍における留学生数の変化

グローバル採用を行っている企業の採用担当者様、外国人留学生採用のご状況はいかがでしょうか。 コロナ禍による入国制限をはじめ、渡航制限、査証の発行中止など日本就労に際した留学生を取り巻く状況が大きく変化し、グローバル採用の難易度が上がっていますよね。 また、グローバル採用をご検討中の企業様も、新たに取り組みにくいとお感じになっているのではないでしょうか。

その影響を表すかのように、2020年における留学生の数は32,617名(約11% ほど)減少しています。ただ、ここでいう留学生の数には日本語学校や専門学校の学生も含まれております。
今回皆さまにお伝えしたいのは、『高度人材の留学生人数は減少しておらず、むしろ外人留学生採用は今がチャンス!』ということです。
というのも、グローバル採用を検討する際のメインターゲットになる大学・大学院に在籍する留学生の数は実際のところ大きくは変化しておらず、高度人材の留学生マーケットは現状維持していると言えるからです。
今回は、実際の数値に触れながら、外国人留学生マーケットの現状をお伝えしたいと思います!

目次
①2020年における留学生数の変化
②2019年の留学生の就職状況
③2019年の留学生の就職先
まとめ

①2020年における留学生数の変化
出典:2020年における留学生数(独立行政法人日本学生支援機構)

2020年度の留学生*の総数は279,597人で、前年と比較すると約11%の減少となっています。 とは言え、この数値は2017年度の留学生の総数よりは多い結果なんです。

近年、「留学生30万人計画」の実施により増加傾向だった数値が、コロナ禍により一時的に停滞しているものの、今後また留学生の数が復活することは間違いありません。
実際、留学生のうち、大学院に在籍している留学生は53,056人(前年度: 53,089人)で、大学が79,826人(前年度: 89,602人)となっており、特に大学院の留学生数は前年と比較してほぼ変化していません。(0.1%減)

出身地域別留学生の割合としては、アジア地域からの留学生が約95%、欧州・北米からの留学生は合わせて約3%となっており、アジアからの留学生が圧倒的に多いことがよくわかります。出身国(地域)別留学生の割合としては、中国(43.6%)が最も多く、次いでベトナム(22.3%)、ネパール(8.6%)となっています。

専攻分野別留学生で最も多いのは、人文科学で36.1%、次いで社会科学(29.3%)、工学(14.9% )と続いています。留学生受け入れ数の多い大学は早稲田大学(4,742人)が最も多く、次いで東京大学(4,076人)、日本経済大学(3,355人)、京都大学(2,600人)、大阪大学(2,521人)の順になっています。

*ここにおける「留学生」とは「出入国管理及び難民認定法」の定める「留学」の在留資格により、我が国の大学(大学院を含む。)、短期大学、高等専門学校、専修学校(専門課程)、我が国の大学に入学するための準備教育課程を設置する教育施設及び日本語教育機関において教育を受ける外国人学生のこと。

②2019年の留学生の就職状況
出典:2019年の留学生の就職に関して(出入国管理庁)

出入国管理庁によると、2019年における「留学」などの在留資格をもって在留する外国人(以下、留学生)が、日本企業などへの就職を目的として行った在留資格変更申請の申請数は38,711人で、そのうち許可されたのは30,924人であるとされています。
(この数値には、就労資格のうち「特定技能」への在留資格変更許可申請は含まれておらず、変更許可後の在留資格は、高度人材にあたる「技術・人文国際・国際業務」が最も多く、全体の92.4%を占めています。)

何が言いたいかというと、この数値は前年の申請数より約25%、許可数は約20%増加していることから、国単位で日本就労を奨励しているということです!

ちなみに、許可状況を国籍・地域別内訳で見てみると、中国が一番多く11,580人で、前年より6.4%増加しています。次いでベトナムで7,030人(前年比34.1%増)、ネパールで3,591人(前年比22.4%増)、韓国、台湾となっています。(2019年)

③2019年における留学生の就職先
出典:2019年の留学生の就職に関して(出入国管理庁)

留学生の就職先としては、非製造業が全体の85%、製造業は15%という内訳です。職務内容としては、翻訳・通訳が最も多く、ついで外国取引業務、法人営業、情報処理・通信技術となっており、これらの4職務についている人が全体の約50%を占めています。

従業員規模としては、従業員数50人未満の企業に就職した人が約40%と最も多く、これを含めて100人未満の企業等に就職したものが全体の約50%を占めています。

まとめ

これらのことから、外国人留学生マーケットの現状は、
1.日本に来ている留学生の総数は減ったものの、大学生・大学院生は変化していない +国として外国人留学生や外国人の就労が奨励されている
2.日本に来る留学生の多くは、アジア圏
3.100人以下の企業に就職している学生が多い
ということをおわかりいただけたかと思います。

コロナ禍でも大学・大学院の留学生数が減っていない、ということは意外ではありませんでしたか? また、留学生の就職傾向についてはコロナ禍の前(2019年の数値)ではありますが、留学生マーケットの傾向としてご参考にしていただければと思います。

海外からの渡航が制限されている今、直接対面することができないという点からも海外在住の外国人を採用することのハードルは上がっています。
一方で、国内留学生は日本に住んでいるからこそ、その障壁なしに採用活動が可能です。

海外からのグローバル採用をされている企業様はこれを機に、改めて国内留学生マーケットに着目していただき、そしてこれからグローバル採用を始めてみたいという企業様は、今こそ国内留学生採用を始めるきっかけになれば幸いです。