blog

日本就活体験記第一弾~文系大手ベンチャーIT企業内定獲得~後編

留学生の就活体験インタビュー第1弾!
前編から引き続き、大手ベンチャーIT企業に就職が決まったセジョンさんに自身の就職活動について詳しくお伺いしました。

日本就活体験記第一弾_ページ内画像
  1. セジョンさん式挽回方法
  2. 「日本に恋したことに後悔はないのか?!」日本就職へのモチベ―ション
  3. 就活は1人では成し遂げられない
  4. セジョンさんからのアドバイス
---


④ セジョンさん式挽回方法

Connect Job:就活に出遅れ時間が無い中、セジョンさんはどのようにこの状況を挽回していったのでしょうか?

選考ステップ別に、対策方法について調べました。

[周囲の力を借りて磨き上げたES]
企業側が留学生に求める日本語力ですが、まずESの段階では外国人留学生に対しても容赦ないです。
助詞など細かい部分も間違いのないように注意しながら、人事の方がスラスラ読めるような日本人並みの文章にしなくてはいけないと思います。
選考に通った友人に対策方法を聞き、受かったESを送ってもらっては分析し、一緒に相談しあうといったことをしていましたね。

[WEBテストの非言語領域は完璧に]
留学生が使えるWEBテスト突破に向けての戦略は、非言語領域で確実に点数を稼ぐことが大事かなと思いますが、もちろん言語領域もしっかり対策しました。
例えば、SPI頻出単語をネットで調べて自分で単語帳を作って勉強しました。参考書は三冊購入し、毎日継続して勉強することと、一つの参考書につき最低でも3周するまで勉強していました。
そうすることで、自分がどのような問題を苦手としているのかもわかるようになります。

[背伸びせず普段通りの自分で面接に挑む]
当時私が面接している姿を日本人の友人が見ていてくれたことがあるのですが、「セジョン、普通にそういうかしこまった日本語気にするんじゃなくて普段通り話せばどう?」と言われて。
このアドバイスを受けて、無理に完璧に話そうとするのではなく、普段通りの自分で面接に挑むようになったら面接がうまくいくようになりました。重要なのはコミュニケーションが取れているのか、聞かれた質問にきちんと答えることができているかといったところなんです。

Connect Job:周囲のアドバイスを聞き入れながら、対策できるポイントを確実に抑えるということが重要ですね。特に面接において、正確な日本語を意識しようとしてコミュニケーションがおろそかになるというのは留学生が陥りがちなケースですね。
---


⑤ 「日本に恋したことに後悔はないのか?!」日本就職へのモチベ―ション

実は自分の中で「日本に恋したことに後悔はないのか?」というキャッチフレーズがありまして…日本留学は精神的にも肉体的にも大変なことが多々ありましたが、辛いときにこのキャッチフレーズを自分に言い聞かせることで心を引き締めてきました。
また、私が企業を決める際に重視したのはネームバリューや福利厚生などではなく、自分が頑張れること・やりたいことを軸にしました。 自分が好きなこと・やりたいことに取り組むこと、そして自分の夢が叶ったときのことをビジョン化することも大切だと思います。
---


⑥ 就活は1人では成し遂げられない

私は、自分がここまでいけたのは自分の能力だとは全く思っていません。
友達や大学のキャリアセンターなど、周りからのサポートを受けたことでここまでこれたと思っています。
ConnectJobさんでは留学生積極採用の企業も沢山紹介されており、メールも送ってくれるし、逃さず私は見てきて。ジョブフェアにも何度か参加しました。また、模擬面接を何回かやってきて、フィードバックをいただけたのも良かったと感じています。
---


最後にこれから就活を始める留学生にアドバイスをお願いします!

これは是非自分の後輩たちに伝えたいことなのですが、早めに就活を始めてください!
4年生から始めると本当に遅いです。最近はインターンや早期選考などもどんどん活発になっているので、3年生から始めると考えてほしいです。
そして、自分の力だけでなんとかやろうとせず、周りに積極的に協力を求めてほしいです。例えば、自分のある目標があって、それを成し遂げるために自分の力だけでは30時間くらいかかるとしましょう。でも周りと協力することで実は半分、15時間に減らすこともできたり、より効率よくできたり、意見を取り入れることで質も上がるし、仲間をたくさん募集しながら積極的にやってほしいです。

編集部からの一言

編集担当K:セジョンさんのお話から「就活は情報戦」であるということを再認識させられますね。
自分ひとりで解決しようとせず、周囲の手をうまく借りながら納得できる就活にしていきましょう!
編集担当A:内定欲しさについつい「背伸び」してしまうことが印象的でした。
「どうやって内定をもらうか」よりも「どうやって自分に合う1社を見つけるか」の方がずっと大事です。そのためにも、面接では等身大の自分を見せていけるといいですね。



▶日本就活で困ったら「個別相談」がおススメ!


セジョンさんのお話にもあったように、留学生にとっての日本就活は1人では成し遂げることが難しいものです。
留学生の日本就活を成功に導くべく、Connect Jobでは個別相談/カウンセリングを実施しております。
留学生専任のコンサルタントが就活関連情報の収集はもちろん、履歴書/ESの添削や面接練習など、日本就活に関する様々な質問・お悩みにお答えいたします!
日本での就職活動をお考えの方は、いますぐご相談ください!
---個別相談を予約する(無料)

【大手ベンチャーIT企業内定獲得】就活に出遅れた韓国人留学生の挽回法とは?!