blog

日本就活体験記第五弾~大手総合化学メーカー内定獲得~

留学生の就活体験インタビュー第5弾!
今回は大手総合化学メーカーに就職が決まった関西学院大学国際学部に通うチャンスさんのインタビューです。
「留学生は日本人以上に頑張らないといけない」という心意気で努力を積み重ねてきたチャンスさん。留学生なりにどのように就活対策してきたのか、詳しくお聞きしました。

日本就活体験記第五弾_ページ内画像
  1. 父と兄の影響で日本留学を決意
  2. チャンスさんの就活軸
  3. 日本人の2,3倍努力する必要があると感じた就活 
  4. 自分の性格が簡潔に伝わるESづくり
  5. 面接をともに乗り越えた2万字のワードドキュメント
  6. 留学生は日本語力を磨くべし
---





① 父と兄の影響で日本留学を決意

Connect Job:チャンスさん、この度は「日本就活体験記」のインタビューにご対応いただきありがとうございます。就職活動の話に入る前に、まずは日本留学という道を選んだ理由を教えていただけますか?

父親が仕事でよく日本に出張しておりまして、日本のお土産を持って帰ってきてくれたり、日本の話を沢山してくれた影響が大きかったと思います。
また兄の場合も日本の大学を卒業して、日本で働いているので、本当に家族全員が日本にゆかりがあるという感じでした。

Connect Job:そうだったんですね。では、日本で就職しようと思ったきっかけも、お兄様の日本での就職に影響を受けられたんですかね。

そうですね。後は、日本の新入社員に対する育成や挑戦を支える文化が素晴らしいなと考えたからです。
韓国の場合、新入社員の育成と挑戦というよりは、たくさんの業務能力や資格を求める文化になっていて。私は企業の後輩、先輩と共に成長したいという思いがあったので日本での就職を決意しました。
---





② チャンスさんの就活軸

Connect Job:日本企業の文化に惹かれたというチャンスさんですが、実際に就活を進めるうえでの軸は何でしたか?

私は、1つの事業のみを持つのではなく、広い事業領域を持つ企業を選んでいました。なぜなら、自分の中で1つの仕事に集中するよりは、色んなことをやってみて視野を広げていきたいと考えたからです。
自分の中に秘められている能力や才能を発見するためには、1つの事業にこだわる会社よりは、多角的にチャレンジができる会社が良いなと考えていました。
また韓国出身ですので、出来れば韓国と関係が深い企業を軸として調べました。
---





③ 日本人の2,3倍努力する必要があると感じた就活

Connect Job:チャンスさんはいつ頃就職活動を始められましたか?

外国人なので日本語もネイティブではなく、日本人の二倍、三倍努力しなければいけないと思って早くから就活準備を始めました。
なので私は三年生の夏から就活をスタートして、サマーインターンには4社参加しました。

Connect Job:その心意気がすごいです!サマーインタ―ンはご自身の就活に活きたと思いますか?

良い経験だったと思います。サマーインターンに参加する前にESや面接があったので、その経験があって本選考も良い結果になったのではないかと思います。
個人的には留学生の場合は早めにやった方が良いと思います。日本人以上に努力しないと良い企業には入れないと思います。

Connect Job:Webテストの対策はどれぐらいの時期から始めましたか?

サマーインターンの選考を受ける時に初めて本を買って、第一志望の企業から内定を頂くまで毎日やっていました。

Connect Job:毎日ですか!さすがです!他に就活準備においてチャンスさんがやっていたことの中で、今振り返ればやっておいて良かったなということはありますか?

他の人よりもキャリアセンターを沢山使って、キャリアセンターの職員と面接練習をしたり、就活を既に経験した先輩にお話を伺ったりしていました。
また、私が軍隊に行っている間に、同期がみんな社会人になっていたので、彼らに積極的に声をかけて、就活の進め方や自分のアピール方法などについて聞きました。
---





④ 自分の性格が簡潔に伝わるESづくり

Connect Job:企業にエントリーするときに最初に取り組むのがエントリーシート(ES)だと思いますが、どのように準備されましたか?

最初はどのようにESを書いたら良いか分からなくて、文章がものすごく長くなってしまい、読みづらくて落ちまくっていました。なので結論ファーストで出来るだけ簡潔に文章をまとめるように改善しました。
また、自分の性格がはっきりと表れるような文章を書くことを意識しましたね。周りからはハキハキしている、とかよく笑うねと言われるのですが、それが伝わるように書きました。
具体的には、サークルやグループでリーダーを務めていまして、そのリーダーの経験から学んだこと、失敗した経験や乗り越えたことを書いていました。
---





⑤ 面接をともに乗り越えた2万字のワードドキュメント

Connect Job:面接に関してはどのように対策されていましたか?

私は面接が一番大事だと思いまして、ワード2万字ぐらいの面接対策シートを作ってそれを毎日読みました。これは、自分の中で考えた聞かれそうなことを全て対策したものです。
丸暗記ではなく、口が慣れるように、聞かれたらすぐ答えられるように、鏡を見ながら練習しました。

Connect Job:2万字!すごいですね!サマーインターンの選考が始まる前からそのようなドキュメントを準備していたということですか?

サマーインターンの選考は準備なしで挑んでいました。
応募したサマーインターンには通ったのですが、本選考に入ってから面接で結構落ちてしまい、少しでも暗記という形にして口が慣れるように練習しておこうと思いました。
面接で話す文章を作って、次の日にそれを見ておかしいなと思ったら直す、というのを三か月ぐらい繰り返していたら良い文章が出来たので、それを使って面接を受けました。
---





⑥ 留学生は日本語力を磨くべし

Connect Job:留学生の方が心配なのがやはり日本語だと思うのですが、その点ではいかがでしたか?

この企業は日本語のレベルではなく、その人の能力や知識や喋り方を見ていると感じる時もあれば、日本語ばかり見ている企業もありました。
私よりもスペックが高くて、資格も取得している尊敬する友達と同じ企業を受けたのですが、私が受かってその子は落ちてしまいました。その友達は英語がペラペラでも日本語があまりしゃべれなかったので、企業はやっぱり日本語力を重視していると感じましたね
大体の企業は一番最初に学生の日本語力を見て、そこから喋り方や知識を見ていると思います。



最後に、これから就活を始める留学生にアドバイスをお願いします!


留学生は早めに就活を始めた方がいいです。
遅くから初めて後悔している人も周りにいるので、早めに対策をして、自分の軸を設定し、その軸に合った企業を沢山見つけると良い結果になると思います。
就職活動をすることで、日本の経済構造について知ることが出来るので、そのような勉強をしながら早めに準備をすると良いと思います。



編集部からの一言

編集担当K:「日頃の努力が物を言う」という言葉がまさに体現化されているなと感じました。自分に足りないところを見つけて、改善していく強い精神力が素晴らしいなと思います。

編集担当A:WEBテスト対策をサマーインターンから内定まで毎日やっていた...いくら企業研究や自己分析を徹底していてもWEBテストの結果次第で不採用になってしまうこともあるため決して侮れませんね。



▶日本就活で困ったら「個別相談」がおススメ!


就活は1人で成し遂げるのは難しいものです。
留学生の日本就活を成功に導くべく、Connect Jobでは個別相談/カウンセリングを実施しております。
留学生専任のコンサルタントが就活関連情報の収集はもちろん、履歴書/ESの添削面接練習など、日本就活に関する様々な質問・お悩みにお答えいたします!
日本での就職活動をお考えの方は、いますぐご相談ください!
---個別相談を予約する(無料)

【大手総合化学メーカー内定獲得】就活は日頃の努力が物を言う!