blog

日本就活体験記第四弾~理系大手化学メーカー企業内定獲得~

留学生の就活体験インタビュー第4弾!
今回は、大手化学メーカー企業に就職が決まった李さんのインタビューです。
学部時代は化学を専攻しており、より専門性をつけるために日本の大学院に進学。そして更に高い技術力を得るために日本での就職を決めた、向上心に溢れる方です!

日本就活体験記第四弾_ページ内画像
  1. 化学の専門性を追い求めて日本へ
  2. 具体的な就活の軸の裏には?
  3. ESの準備でぶつかった日本語の壁
  4. 自分の長所は沢山リストアップしておくのが、李さん流
  5. 「もっと日本語を早く勉強しておけば…」後悔からの学び
  6. ズバリ重要なのは企業とのマッチ!【李さんの就活成功要因!】
---





① 化学の専門性を追い求めて日本へ

Connect Job:李さん、この度は「日本就活体験記」のインタビューにご対応いただきありがとうございます。就職活動の話に入る前に、まずは日本留学という道を選んだ理由を教えていただけますか?

日本留学の決め手は3つあります。
まず、中国の大学の学部時代に化学専攻だったので、日本で大学院に進学する方が化学という分野でもっと力を発揮できそうと思ったからです。
2つ目の理由としては、アメリカやイギリスなどの英語圏の国と比較すると、日本の方が学費や生活費などが安いからです。
最後に、日本と中国の文化は似ているところがあり、日本のアニメなどの文化にも興味があったので、日本の大学院に進学しました。

Connect Job:専攻だけでなく、色々な面から日本での留学を決められたのですね!日本で就職しようと思ったきっかけは何ですか?

専門性の高い仕事をやりたい!と思ったからです。
特に化学の分野では、日本で就職することで高い技術力を身につけることが出来ると思いました。
また、私はワークライフバランスを重視しているのですが、残業が多い中国に比べて、日本は職務環境も良いと感じたからです。
---





② 具体的な就活の軸の裏には?

Connect Job:専門性の高い仕事をやりたかったという李さんですが、就活の軸は何でしたか?

私の就職の軸は自分の強みを活かすことが出来るかどうかです。
私の強みとしては大学院の2年間で身につけた量子幾何学と光化学の知識です。また、日本語と英語に自信がありました。
なので主に化学メーカーグローバル企業を重点的に見ていましたね。さらに言えば、若手の裁量権、職場の雰囲気、ワークライフバランス、お給料なども見ていました。
---





③ ESの準備でぶつかった日本語の壁

Connect Job:就活を始めたばかりの頃は、どのように対策を進められていましたか?

就活の初期段階の対策としては主に企業分析に力をいれており、この企業で自分は何が出来るのかということについて調べていました。
また自分が研究していた光化学をどのような企業で活かすことが出来るかについても見ていました。
その後はESを日本語で書く練習ですね。外国人ですから日本語は日本人レベルではないので、ESを書くのが大変で、企業に提出する日本語の研究概論の準備にも苦労しました。
1人では限界があると思ったので、日本人の友達に手伝ってもらって修正してもらい乗り越えることができました。

Connect Job:専門的な研究の内容を分かりやすくまとめるのは、日本人でも難しいことだと思います。やはり誰かの助けを借りることも大事ですね!
---





④ 自分の長所は沢山リストアップしておくのが、李さん流

Connect Job:エントリーシート(ES)では自己PRを書くのが難しく、困る人が多いと思いますが、李さんはどのように準備されましたか?

自分の長所のエピソードを沢山準備して、企業に合わせた自己PRを準備しました。
この企業ならこの長所が一番いいなというような感じです。私が実際に自己PRで書いた長所はチームワークとチャレンジ精神ですね。
エピソードとしては大学の広報部での経験を使いました。チャレンジ精神に関しては、大学時代に所属していた研究室での有機化学と光化学の勉強と、研究の話をしました。
---





⑤「もっと日本語を早く勉強しておけば…」後悔からの学び

Connect Job:無事就活を終えられた李さんですが、今振り返って後悔していることはありますか?

後悔はやはり日本語の練習ですね。もっと早く始めていれば早く内定をもらえたのかなと思います。
私はまず日本語の練習をするために、興味がない企業から申し込みました。日本語力がもっと高ければ第一志望の企業からも早く内定をもらえていたかもしれません。

Connect Job:面接に慣れるためにも、場数を踏むことはとても効果的だと思います!就活中はつらいこともあったと思いますが、李さんが挫折したときの、モチベーションの保ち方は何ですか?

全部上手くいかなかった時のプランBを考えることですね。
私は、もし今受けている全部の選考に落ちてしまった場合、自分が納得できる最低限の選択肢を用意することによって心を落ち着かせてモチベーションを保っていました。
---





⑥ ズバリ重要なのは企業とのマッチ!【李さんの就活成功要因!】

Connect Job:日本で就活をするにあたって、李さんの強みは何だったと思いますか?

やはり、自分の強みと会社の事業のマッチングが良かったのだと思いますね。
私が内定をいただいた企業は、グローバル企業なので自分の言語の強みが活かされます。そしてなにより光化学と量子幾何学の知識も使えることができたのが一番重要でしたね。



最後に、これから就活を始める留学生にアドバイスをお願いします!


やっぱり自分の強み企業で出来ること合致するのかを見極めることが最も大切です。
あとは自分1人でインプットばかりするのではなく、面接などアウトプットの練習をするのも大事です。



編集部からの一言

編集担当M:李さんのお話から自分の強みと志望する企業とのマッチ度がいかに重要かが伝わりました!
自分の強みを大きくアピールすることによって企業が求めているものと合致するかが分かるので、自分に合う一社を見つけるために長所を知ることは就活においてとても大事なポイントですね!

編集担当K:就活が思い通りにいかなかった時に備えて、自分が最低限納得できるプランBを用意することで心を落ち着かせていたという李さん。
多くの人にとって就活は長期戦だといいます。無理せず自分なりのモチベーションの保ち方を探してみましょう。



▶日本就活で困ったら「個別相談」がおススメ!


就活は1人で成し遂げるのは難しいものです。
留学生の日本就活を成功に導くべく、Connect Jobでは個別相談/カウンセリングを実施しております。
留学生専任のコンサルタントが就活関連情報の収集はもちろん、履歴書/ESの添削面接練習など、日本就活に関する様々な質問・お悩みにお答えいたします!
日本での就職活動をお考えの方は、いますぐご相談ください!
---個別相談を予約する(無料)

【大手化学メーカー企業内定獲得】日本語に苦戦しつつも、グローバル✖化学で行きついた先とは?