blog

採用事例 -サイボウズ株式会社 -

学生からの馴染みがないBtoBの製品を扱うサイボウズ

~学生が製品・企業理解を深められるようなイベントを実施し、企業にマッチする人材の採用に成功した方法とは?~

今回は、「働きがいのある会社ランキング」8年連続入賞のサイボウズ株式会社に「グローバル人材採用の目的、グローバル採用を通じて直面した課題/期待すること」をお伺いしました。


サイボウズの会社雰囲気

グローバル人材採用の目的と実際に直面した課題

—まずは、 海外現地法人での採用は、基本現地で行っているとお聞きしましたが、国内でグローバル人材の採用に取り組まれている理由を教えていただけますか?

ビジネス展開のノウハウが一番蓄積されているのは日本なので、日本のノウハウを吸収しつつ海外拠点にてご活躍いただけるようなブリッジ人材のニーズが近年高まってきました。

さらに、グローバル展開の加速に応じて今後も海外拠点を増やす可能性があり、その際に新拠点の責任者としてご活躍いただけそうな方というのも視野に入れて採用を進めております。

そのため、キャリアイメージとしては、最初の数年は日本国内で勤務し日本のノウハウを吸収しつつ、数年後には既存の海外拠点もしくは新拠点の責任者として活動することを想定しております。

— 実際にグローバル人材の採用を始めて、直面した課題はございますか?

まずは、企業や製品の認知度についてです。

海外における弊社の認知度はまだまだ低い状況で、外国籍の学生においてもサイボウズのことを知らない学生が大半です。また、弊社製品のユーザーは企業・自治体などのBtoBがメインであるため、理解が難しい領域でもあります。

— 日本の就活生でもBtoBの商品は認知度が低く、難しい部分ではありますよね、、、

そうなんです、、、
そのため、会社のことや事業のことを知ってもらえるような工夫がより一層必要でした。
説明会等のイベントでは、製品のハンズオンを行いながら、弊社の製品の使い方や世界観を知っていただく取り組みを実施しました。

サイボウズの社内の雰囲気

— 製品の使い方や世界観をイベントで理解いただく取り組みはよいですね!他社様の参考にもなりそうな取組みです。選考におけるコミュニケーションに難しさを感じるクライアント様が多い印象がございますが、こちらに関してはいかがでしたか?

2つ難しさを感じました。

1つ目は面接で重視するポイントについてです。

弊社の面接の中では、候補者の方の行動や選択において「なぜその判断をしたのか」を問う場面が多くあります。これは他社の選考でも同様かもしれませんが、国によって就活の進め方や考え方が多様であるため、弊社の選考で見るポイントをより詳しく伝える必要がありました。

— 就活でも海外と日本では異なる部分が多く、難しい部分ではありますが、それぞれの個性を理解するために選考で工夫されていたんですね!ちなみにもう一つはどのようなところだったのでしょうか?

2つ目は選考中の日本語スキルの判断についてです。

弊社では求める日本語レベルが比較的高い現状があり、候補者の深い考えを日本語で表現していただくことにハードルがあるのではないかと感じました。
ただ、これは候補者だけの課題ではなく、私たちの質問の投げかけ方でも回答のしやすさが変わることを私たちも面接を通じて学びました。

ハイコンテキストとローコンテキストの文化の違いもあり、候補者に何を聞きたいのかを面接官が分かりやすく端的に伝える必要があることにも、グローバル採用をする中で気づきました。

— 候補者にすべてを求めるだけではなく、面接官もグローバル採用をする中で対応を変えていかれたのですね!

フォースバレー(Connect Job)の活用事例

— では次に目的の達成、課題を解決するため、フォースバレー(Connect Job)の活用方法について教えてください。

今回は、求人情報を掲載しConnect Job経由で集客した候補者を対象に個別単独セミナーという形式でイベント実施を行いました。

弊社の場合は求める要件がクリアだったため、広くマス向けに認知施策を実行するのではなく、要件を満たす方とピンポイントで出会える施策のほうがマッチしそうだと考え、打ち合わせを通じて個別セミナーを選択しました。

求人情報においてはフォースバレー担当者と要件をすり合わせながら準備を行い、イベント集客やイベント参加希望者への書類や面談を通じた事前選考をフォースバレーの方に行っていただきました。
さらに、イベント後に再度書類選考のサポートをしていただきました。

また、選考に進んだ候補者は、エントリーから内定に至るまで、選考状況の進捗を担当者間でやりとりし、こまめにフォローしていきました。

弊社は社内で選考に関するオペレーションを一貫して行っているため、候補者との日程調整や合否連絡は弊社が直接行うという形式で実施しました。

— 情報共有を逐一行いながら、より要件にマッチする人材を採用できるようご支援できていたようで、うれしい限りです!実際にフォースバレー(Connect Job) を利用してみての感想を教えていただけますか?

Connect Jobを利用開始してから3年ほど経過いたしますが、毎年コンスタントに内定者が出ており、マッチする候補者に多く出会えて非常に嬉しく思っております。

弊社は日本語要件など求める要件が高い現状がありますが、弊社にエントリーいただく学生は要件にマッチする学生が多く、自社の活動だけでは出会えない層にアプローチできることに感謝しております。

また、施策を実施する前に、ご担当者の方に弊社の求めるニーズのすり合わせなどを詳細にご確認いただけるので、認識のずれがない状態で進められるという安心感があります。

社内のニーズの調査に留まらず、グローバル人材全体の市場感や他社での活動例なども含めて、保有している情報を惜しみなくご提供いただけるのが大変ありがたく、社内で採用活動を検討するうえでの判断材料を多くいただけております。

さらに、候補者の選考フェーズが進むたびに、各候補者の就活状況や心境の変化などを詳細にご共有いただけ、弊社が聞き出せない部分も丁寧にフォローいただき大変助かっております。

— ありがたいお褒めの言葉をたくさん頂き、恐縮です。弊社の強みの部分「自社の活動では出会えない層へのアプローチ、多数のご支援実績で培った情報の提供」「選考・内定者フォローを含めた一気通貫でのサポート」でよさを感じていただけて、うれしいです!

グローバル人材に期待すること

— グローバル人材に期待していることはなんですか?

弊社では前提として、日本で働いていただくため、入社時点で日本語での意思疎通ができることとしています。

ただ、日本語などの言語スキルはもちろん、それぞれの国の文化の違いを認識していることもグローバルなバックグラウンドをお持ちの方の強みなので、それらを活かして社内の多様なメンバーとのコミュニケ―ションや新しい顧客へのアプローチをしていただけることを期待しております。

— すでに採用をしているグローバル人材の方のキャリアパスはどのようなものがあるのでしょうか?

既存の社員のキャリアパスの一例として下記のような事例があります。

1人目はシステムコンサルティング職の社員です。
日本語と中国語のスキルをお持ちの方で、入社1~2年目から言語スキルを活かして短期出張で上海拠点に赴き活動しておりました。3年目以降には母国語で仕事を行ったり海外拠点のメンバーとのやりとりを行ったりするなど、より言語スキルを活かした幅広い活動が増えております。

2人目は営業職の社員です。
日本語と英語のスキルをお持ちの方で、入社2~3年目から短期出張で海外拠点に赴き、4年目からは米国拠点に赴任し現地での活動をメインで活動しております。
そのほか、日本にいながらアジア地域の販売をサポートする活動を行うメンバーもおり、いろいろな場所でグローバルなバックグラウンドを活かした働き方を行っています。

ただ、上記2つの事例はほんの一例です。

弊社のキャリアパスに決まったルールはなく、100人100通りです。
自分が何をやりたいか(will)、どんなことができるか(can)、会社として何をやるべきなのか(must)の重なりを大事にしながら、その人らしいキャリアを描いていくことを理想としています。

サイボウズ社内の雰囲気
— 「キャリアパスに決まったルールはなく、100人100通り」はすてきな考え方ですね!今後グローバル採用の展望をお聞かせください。

今後もグローバル展開を加速すべく、引き続き採用を行っていく予定です。
現在は求める日本語レベルの要件が高いですが、社内のグローバル人材も増えている状況なので、言語スキルレベルがより多様な人材を受け入れられるような土壌をつくっていければと思っています。

— まずは日本語の話せる人材の採用、そしてさらに多様性とはよい進め方ですね!最後に学生へのメッセージがあれば、お願いします!

弊社が実現したいのは「チームワークあふれる社会を創る」ことです。
海外では無名の企業であり、日本のITツール浸透もまだまだ発展途上ですので、これから国内外でさらに私たちの製品を拡げていく必要があります。

さらに、日本発のSaaS企業として海外で成功している企業は少なく、チャレンジできていない領域もたくさんあります。さまざまな困難もあると思いますが、これからグローバルに挑戦していく企業ならではの面白さもあると感じています。

ITでチームワークを世の中に広げることに興味がある方、ご自身のバックグラウンドを活かして積極的にチャレンジしたい方、ぜひお待ちしております。

他にもConnect Timesでは採用企業様、弊社経由で内定を獲得した候補者の方へインタビューした記事を公開しております。

こちらよりご確認いただけますと幸いです!