blog

採用事例 - デサントジャパン株式会社 -

「すべての人々に、スポーツを遊ぶ楽しさを」をミッションに掲げるデサントジャパン株式会社

〜フォースバレー (Connect Job) を活用し、候補者・企業ともに満足する採用を効率よく行った方法とは?~

今回は、昨年度初めて弊社を活用いただき、2名の韓国籍学生を採用したデサントジャパン株式会社に、「グローバル人財採用の目的、弊社フォースバレー(Connect Job)の活用方法」についてお伺いしました。

デサントジャパンの社員

ー 早速ですが、グローバル人財採用に期待している点を教えてください!

日本・韓国・中国を中心に事業を展開する当社にとって、各市場にマッチしたビジネスを行いたいと思っています。

そのため、日本国内に留まらず、海外での生活や留学を経験することで多様な価値観や消費者感覚を理解するグローバル人財の意見やセンスを活かしてほしい、海外グループ企業とのブリッジ(橋渡し)となってほしいと思っております。

ー その国の文化や慣習をわかっていることは、グローバル人財の強みの1つですよね!

はい、そう思っております。
また、海外ビジネスの発展だけでなく、社内風土の内なるグローバル化に貢献してもらいたいと思っています。

ー 強みをいかしてもらい自社ビジネスの発展は組織からもということですね!次に、グローバル人財採用に取り組むにあたって直面した課題はありますか?

「単に語学力や留学経験があるというだけではなく、真に中身のあるグローバル人財をどのように見極めるか、またそのような人財とどこで出会うか」という課題がありました。

ー 上記の課題をフォースバレー(Connect Job)で解消できましたでしょうか?

はい、解消することができました!
今回は、ゆくゆくは韓国のグループ会社と日本本社を繋ぐ人財を1名採用する予定でしたので、個別紹介というかたちでご支援を依頼しました。

そのため、既卒や母国在住者も含め、多様なタレントプールの中から、当社の条件に合わせてスクリーニングされた人財を紹介いただきました。
そのおかげもあり、効率的に選考を進めることができたと思っています。

他にも、選考中の候補者と頻繁にコンタクトをとっていただき、他社進捗状況や当社に関するフィードバックの情報をタイムリーに提供いただいたので採用担当者として安心して、採用活動を進めることができました!

ー 選考中の候補者の動向は採用担当者として、気になる部分ですよね!採用実績はいかがでしたか?

2022年新卒入社11名のうち、韓国人留学生2名を採用しました。
もともとは1名を採用する予定だったのですが、最終面接に進んだ2名のタイプが異なり、甲乙がつけがたく最終的に2名ともに内定を出し、2022年4月1日に2名とも入社しました。
現在研修を受けており、現場からの評価も上々です。

勤務風景

ー 期待を超える成果だったということでしょうか?

そう言えると思います。
また、内定者の就労資格取得を代行していただいたので、ワンストップで効率的に入社までの手続きを進めることもできました!

ー 母集団形成から入社までというフォースバレー(Connect Job)のよさを感じていただけてよかったです。今回入社した2名の想定しているキャリアパスはどのようなものでしょうか?

日本で国際ブランド業務もしくは経営企画業務などを担当しながらビジネススキルを身に着け、数年後に韓国とのブリッジ人材となってもらうことも考えています。

ー 最後に今後のグローバル採用の展望を教えて下さい!

今後とも新卒は10名程度の少数厳選採用を行う予定です。
その10名の中で多様な人財を確保していきますが、グローバル人財については1〜2名を継続的に採用していきたいと思っています!

デサントジャパンの会社雰囲気