blog

採用事例 - Sansan株式会社 -

出会いからイノベーションを生み出す「Sansan株式会社」

〜グローバルに通用するテックカンパニーになるために、外国籍学生の採用に取り組む理由とは?~

Sansan会社雰囲気

今回は、グローバルに通用するテックカンパニーになることを目標にエンジニア採用をされているSansan株式会社に、「グローバル採用を実施し始めたきっかけ」「今後のグローバル採用の展望」などをお伺いします。

ー 早速ですが、「グローバル人材を採用しようと思ったきっかけを教えていただけますでしょうか?

当社は、「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを掲げ、グローバルに通用するテックカンパニーになることを目標としています。

国内外で通用するプロダクトを開発するためには、日本人だけでなく、様々なバックグラウンドを持ったエンジニアが必要だと考え、3年ほど前から外国籍エンジニア採用を本格的に始めました。

最初は、中途採用のみでしたが、22卒からは、新卒採用でも外国籍学生を対象に採用活動を行っています。

ー グローバル人材の採用に取り組むにあたって直面した課題はありましたか?

外国籍学生の中での知名度を上げることです。

当社のサービスは、BtoBサービスがメインだということもあり、どのようなサービスを提供していて、それが社会にどのように役に立っているのか、今後どのように伸びていくのかが、学生の方々には想像しづらいのでは、と分析しています。

Sansanで働く社員

ーBtoBサービスを提供している企業が直面する課題ですよね、、、
この課題を解決するために施策を打たれているとお伺いしているのですが、具体的にご教示いただけますか?


まだ完全に課題を解決できたわけではありませんが、会社説明会のスライドを工夫して作成し、会社のミッション、ビジョンが明確に伝わるようにすることで、Sansanの事業内容の解像度が上がるように試行錯誤しています。

Sansanで働く社員②

ー では、次に「フォースバレー・コンシェルジュ(Connect Job)の活用方法について教えていただけますか?

当社では、国内外の外国籍学生との接点を持つためのチャネルが少ないこともあり、フォースバレー・コンシェルジュのネットワークやノウハウを活用させていただきながら、母集団形成を行いました。

外国籍学生を対象に、採用イベントを開催し、22卒23卒と、2年連続で内定を出しています。

ー 実際にフォースバレー・コンシェルジュ(Connect Job)を利用してみての感想を教えてください。

イベントの開催を重ねるごとに、フォースバレーの担当者様と採用ターゲットの目線が合ってきて、母集団形成をする中で、当社が求める人材に出会えるようになってきています。

また、当社と学生の間に入って、細かい調整や情報共有をしていただけることで、採用確度も高まっています。

採用イベントや選考が落ち着いた段階で、振り返りをする時間を設け、次のイベントのための改善点を洗い出すなど、採用活動をより良くするために、伴走してもらえていると感じています。

ー 弊社の強みを理解いただけており、うれしい限りです。今後ともよろしくお願いいたします。
では次に、 今後のグローバル採用の展望を教えていただけますか?


卒業後も日本で就職したいと考えている外国籍学生をターゲットに、今後も新卒採用を継続していく予定です。
採用目標人数も増やしていく予定なので、より多くの方にSansanのことを知ってもらい、興味をもって欲しいです。

そのために24卒採用では、選考会を実施する前に、会社説明会や座談会を開催し、外国籍学生が当社社員とカジュアルに交流できる場の提供を計画中です。

ー カジュアルに交流できるイベントは学生の本音も聞くことができるので、よいですよね!!
弊社でも実施予定なので、ぜひご参加ください(笑)最後に、学生へのメッセージをいただけますか?


Sansanのグローバル展開は、まだ始まったばかりです。
これから入社いただく新卒の皆さんは、グローバル事業強化の草分け的な存在になっていくので、外国籍エンジニアが活躍できる職場を一緒につくり、事業成長を一緒に後押ししていただける方に、出会えるといいなと思っています。

大学卒業後に、日本の会社に就職したいと考えている外国籍学生の皆さんは、ぜひ一度、Sansanの会社説明会に参加してください。
皆さんとお会いできることを、楽しみにしています!