外国人留学生の就活体験記 韓国出身・大手小売業内定 第17弾「アルバイトの経験を活かし、お客様と接する小売業で店舗も企業も成長させたい」

日本就活体験記

韓国出身・日本大学経済学部 Kimさん
大手小売業 総合職 内定

今回は、韓国出身、大手小売業・総合職の内定を獲得したKimさんのインタビューをご紹介します。
Kimさんは、母の影響で日本語を勉強していたことをきっかけに日本就職を考えたそうです。
コンビニでのアルバイト経験を活かしたいと考え、小売業への就職を目指したKimさん。就活の開始時期が遅れながらも見事希望業界の内定を獲得したKimさんにその秘訣をお聞きしました。

エントリーした企業数:30社

面接に進むことができた企業数:10社

3社から内定獲得!



---


①母の仕事がきっかけで日本での生活に興味を持ち、留学を決めた


Connect Job :なぜ日本に留学し、日本で就職しようと思ったのですか?


きっかけは日本語を勉強していたことになります。

母が日本企業であるKUMONの社員として働いていたので中学校時代からKUMONのワークシートを使って日本語を勉強するようになったんです。

本格的に学び始めたのは2014年の1月からですね。軍隊から帰ってきて、元々通っていた大学に復学するか、新しい道を探すかとなったときに、やはり人生は一度きりだということで、留学を検討するようになったんです。

日本語を勉強していてJLPT N1を取得できたこととアニメに興味があったということから、まずはワーホリのVISAで留学費用を稼ぐために日本で働き、日本での就職を見据えて日本の大学に通うことになりました。



---


②就活では、積極的にインターンに参加


Connect Job :就活はどのように始めたのですか?


私はシンプルにインターンシップに参加するようにしていました。自分がこれから就職活動するんだ、就職をしたいんだという気持ちを企業にアピールすることが大切だと思って自分から積極的に動くようにしていましたね。


Connect Job :インターンシップの情報はどのように入手していたのですか?


始めの頃は無難にマイナビやリクナビなど就活サイトを使って自分から興味のある企業のインターンシップに応募するようにしていました。就活を進めていくにつれてキミスカやオファーボックスなどの逆求人サイトも活用するようになりました。

インターンシップは夏と秋冬全て合わせて50社程参加しました。

就活系のYouTubeもよく見ていて、「現役人事の就活情報」というチャンネルは志望動機を作成する時などに参考にしていましたね。


Connect Job :就活で大変だったことはなんですか?


精神的な部分ですね。

就職活動を進めていく中で、色々な企業の選考スケジュールが重なったりして…

ある企業に落ちて気分がダウンになった時でも、また次に進まなければいけないので、気持ちをどれだけ保つことができるかというところが難しくもあり大変でした。


Connect Job :モチベーションを保つ上で気を付けていたことは何ですか?


特別なことはしていないのですが、外に出て散歩したり、寝て休憩したりですかね。

就活のことがずっと頭の中にあって、明日はどうなるだろうかとくよくよ悩んでばかりいるのをやめるようにしていました。ストレス発散としてゲームを遊んだり、自分の趣味を楽しむのも一つの方法だとは思うのですが、そうすると時間が足りなくなるというか体力的にも厳しくなるというか…

なので自分は散歩や昼寝など就活のことを考えない時間をあえて作って、リフレッシュするようにしていました。 


---


③就活軸 - 自分の経験を就職してから活かせるかどうかを大事にした


Connect Job :就活軸を教えてください!


3つ挙げられるかなと思います。

1つ目は自分の今までの経験を活かせるかどうか。

2つ目がダイバーシティを重視している企業かどうか。

そして3つ目が、企業として社会問題解決に向けて何か取り組んでいるか、社会貢献しているかどうかを見ていましたね。


Connect Job :内定先に入社することを決めた理由は何ですか?


自分が今まで経験したことを活かせる環境だと思ったからです。

私は日本に留学する前から現在までコンビニでアルバイトを約9年間続けていますし、小売業のようなお客様と接する立場になって、店舗自体も企業自体ももっと成長させる、売り上げの面とか、そういう過程が私の好きなことであり向いていると感じたからです。

内定先でははじめは店舗で働く形になります。

お客様により喜んでいただくために商品の陳列や仕入れる商品を工夫したり、売り上げを伸ばすための販売戦略を練ったりといった感じですね。



---


④始めるのが遅くて、就活準備が追いつかなかったことに後悔


Connect Job :就活を終えて、後悔していることはありますか?


自分としては、初めのころは友達と面接の練習をしたことがあるんですけど、それがうまく続けられなかったことが心残りではあります。

現在は韓国に一旦帰ってきているのですが、就活が終わって帰国までにある程度時間があったので、まだ就活が終わっていない友人や後輩も巻き込んで一緒に就活を成功させることができたら、もっと良かったのではないかと思います。

後は就活を始める時期ですね。3年生の春頃からスタートさせて、3年生の秋ごろにはESの内容などブラッシュアップできていたら、もっと色々な企業とお会いできる機会も多かったんじゃないかなと思っています 。


---


⑤就活成功の秘訣は就活サービスのフル活用


Connect Job :対策としてやっておいてよかったことは何ですか?


色々あると思いますが、私なりに3つおススメしたいことがあります。

1つ目はConnect Jobのような就活エージェントさんに自分の就活をサポートしていただけたのは非常に助かりました。


2つ目は逆求人サイトを活用するのが一番良いかなと考えています。

自分から興味のある企業にエントリーして受かる学生さんも多いとは思うんですけど、自分自身を最大限アピールするには今まで自分がエントリーしてブラッシュアップしてきたものを逆求人サイトにのせるという方法だと思います。

企業からオファーがくるように、逆求人サイトに登録することが就活を最短で終わらせる良いやり方なのではないかと感じています。


最後はやはりスケジュール管理ですね。

エントリーする段階から、選考が進むことを想定して面接日を空けておくようにするのが大切です。

余裕をもって選考を受けるためにも、複数の企業を受ける場合には特にスケジュール管理を徹底するべきだと思っています。


Connect Job :自分の就活を成功に導いた要因はなんだと思いますか?


Connect Jobなど就活エージェントに、面談を通じてアドバイスをいただけたことですね。

面接で話す内容や自分が書いたESのどの部分を改善すればよいかなどについてアドバイスを何度も聞けたことは、就活を成功に導いた最大の要因だと考えています。


---


Connect Job: 最後にこれから就活を始める留学生にアドバイスをお願いします!

私も就活をする上で凄く悩みましたし挫折も味わいましたが、体調に気を配りながら、皆さんの就活が良い方向に向かうことを願っています!




▶日本就活で困ったら「個別相談」がおススメ!


就活は1人で成し遂げるのは難しいものです。
留学生の日本就活を成功に導くべく、Connect Jobでは個別相談/カウンセリングを実施しております。
留学生専任のコンサルタントが就活関連情報の収集はもちろん、履歴書/ESの添削面接練習など、日本就活に関する様々な質問・お悩みにお答えいたします!
日本での就職活動をお考えの方は、いますぐご相談ください!
---個別相談を予約する(無料)