December 2, 2020

CONNECT JOB MEDIA

Learn more about the latest tech trends, working abroad and contributing as a global citizen

Professional Development

1 min read

東京都産業労働局の2018年の報告によると、2016年に予備登録した企業の数は約1,633,861社。日本では会社が事業を行うためにはオフィスを構える必要があるため、新しく登録した数だけで考えてもそれだけ多くの企業がオフィスを持つ事になります。会社が生産性と収益の成長を最大化させるためには、早い変化が不可欠です。それに加え、企業はオフィス運営を維持する必要があります。東京や大阪のような大都市において、ビルクリーニング事業には多くのニーズがあります。そこで日本政府が新たに発表したのが、「特定技能ビザ」という日本の発展を支えるための新たな就労ビザです • 5年間で最大37,000人を雇用• ビル内の清掃(クリーニング)業務• 会社による直接雇用• 実務経験は不問 2019年4月、日本政府は「特定技能(英名: Specified Skilled Worker)」という新たな在留資格を導入しました。これにより日本での就職を希望する多くの外国人への新たな扉が開きました。この新しい在留資格(特定技能)では、14種類の特定分野で就労することができ、特定技能1号では最大5年、2号では無期限の在留資格が認められます。 • 特定技能1号特定の産業分野において相当(エントリーレベル)の知識や経験を持っている人が対象となります。1号のビザを持っている人は最長5年間日本に在留することができ、その後は母国に帰国しなければなりません。この特定技能1号を取得するには、技能試験に合格し、日本語の基本的なコミュニケーション能力を持っていることが必要となります。• 特定技能2号特定の産業分野において熟練した知識や経験を持っている人が対象となります。2号のビザを持っている人の在留期限に上限はなく、他の在留資格同様に更新許可がなされれば在留が可能です。また、家族の帯同も可能です。 この5年以内に、ビルクリーニング業だけで約37,000人の外国人が特定技能ビザにより雇用される見込みです。日本政府が外国人労働者を必要としている14産業の一つであるビルクリーニング業は、日本で就職を希望する外国人に多くの雇用機会を提供する事になります。同様に規模の大きな産業としては、介護事業、外食産業、農業などがあり、いずれも30,000人以上の外国人労働者の受け入れを見込んでいます。 特定技能におけるビルクリーニング業の任務はシンプルです。それはビルの内部をキレイに掃除し、そして安全に保つことです。クリーニングする建物としては、オフィス、病院、ホテル、公共または商業用の建物も含まれます。唯一の例外は、商業用や公共用の建物に該当しない個人住宅や集合住宅です。 全員、まず最初に研修を受けてからお仕事をします。例えば建物の清掃と維持管理に関連するあらゆる工具、機械、設備の使い方、清掃に関する適切な知識、また必要に応じてベッドメーキングも学びます。また、清掃に関する安全衛生規範や緊急時の対応についての教育を実施されます。少しずつ仕事の経験を積むにつれて、サポートなしで一人でも働ける事になる事が期待されます。

×

Sign up with us to learn more today!

Sign up with us to learn more today!

Subscribe Now